話題のつけるだけで腹筋が鍛えられるEMS機器

糖質制限 食べていいもの概要
・糖質制限をすると体にとってどんなメリットが期待できるかの話。
・実際の糖質制限中に食べてもいいものは。意外と糖質の多い食べてはいけないもの。
・結局どんなことに気をつけて糖質制限をしていけばいいのか。

 

糖質制限をしている方は食べていいものに悩む人も多いでしょう。
もともと血糖値に問題があるかたの糖質制限かそうでないかで違ってきます。


血糖値に問題ない方の糖質制限の場合は減らしたほうが痩せるということなので。
実際糖質に相当するご飯やパンを少量減らすと体重にわかるように反映されるというのはあります。


同時に主食が減るとおかずが塩辛く感じるので食べ過ぎや味の濃すぎがわかりそうです。
ごはんやパンと言うと糖質が多い食べ物の代名詞にもなります。


麺類ももちろん糖質が多いですがものによるところもあります。
パスタのように消化されにくいものは体に吸収されにくいからまだましだからです。


もちろん肉や魚を中心にした食事であれば糖質もほとんど入っていません。
ただ肉は脂質とタンパク質が多い食品です。


魚はタンパク質が多い食品でどちらもたくさん食べると太るというのはあります。
太りたくないという条件になるとキャベツを中心とした野菜サラダとか。


あとはカロリーがほとんどないこんにゃくなどになりますね。
もちろんクッキーやチョコレートなどのお菓子は糖質が多いのでやめたほうがいいですね。


意外と多いのがイモ類とか。
フルーツも特にドライフルーツになるとgあたりの糖質が多くなります。


一番簡単なのは主食のパンやごはんを1割2割くらい減らすことでしょうか。
食パンなら4枚切りを5枚切りとか6枚切りにしたりとか。


ごはんも盛るg数を減らしたほうがいいですね。
逆に減らしすぎると糖質が少なすぎて体に変調を来す場合もあります。


糖質が少なすぎて筋肉を糖に変えて使ってしまうという糖化が起こります。
こうなると最悪の場合筋肉がなさすぎて歩けなくなってしまいますから。


血糖値が低くなりすぎないように健康診断で確認しながらすすめたほうがいいですね。
糖質制限中に気にせず食べてもいいものというと魚や肉になります。


ただ肉は食べ過ぎるとコレステロールがあがってしまうのでこちらも気をつけたいですね。
ただ甘々のタレで照り焼きにしたりとかするとけっこう砂糖も入ります。


糖質制限のレシピなども参考にしたほうがいいというのはありますね。
野菜のなかでも人参などや大丈夫そうな豆腐にも糖質はけっこうあるのできをつけたほうがいいですね。


ただ糖質を全く食べないようにするとストレスがたまったりもします。
なので3ヶ月に1回は有名店のケーキを食べるとか目標があるといいですね。


かわりにコンビニやスーパーではいっさいスイーツを買わないとか。
糖質も脂質もタンパク質もビタミンもミネラルもすべて必要なものではあります。


どれも多すぎても少なすぎても良くないので適量にするのが大事ですね。
血糖値やコレステロール塩分のとりすぎは健康診断でわかるというのはあります。


血糖値が高いと糖分のとりすぎ。
コレステロールが高いと肉や脂肪のとりすぎ。
血圧が高いのは塩分のとりすぎ。


塩分なんかは日本人の平均1日量が10gで必要量は1.5gくらいです。
減らしているつもりといっても取りすぎているのは間違いないわけです。


糖質制限 食べていいもののまとめ
・糖質を制限すると体重に反映されやすいおかずの食べ過ぎがわかりやすいです。
・糖質制限中に食べていいのは肉や魚。イモや野菜や豆腐も意外と糖質があるので注意。
・糖質も体には必要な栄養素です。健康診断の結果を見て適量にするのが大事です。
 


© 2019 お取り寄せグルメと体重を減らす方法 rss