話題のつけるだけで腹筋が鍛えられるEMS機器

睡眠ダイエット

睡眠ダイエットの概要

・睡眠でやせる効果はどれくらいあるのか。
・どれくらい眠れば睡眠がダイエットに効果的なのか。
・睡眠ダイエットを妨げる大敵はどんなものがあるか。


睡眠ダイエットというのもあります。
眠っていたら動かないんだから痩せるよりも太るだけでしょと思ってしまいます普通。


それでも痩せるというのだから理由があります。
睡眠時に分泌されるホルモンの中でも脂肪を燃やしてくれるものがあります。


睡眠をしっかり取ればこれが分泌されて痩せる方向に近づくということなので。
どれくらい効果があるのかというと茶碗一杯分のご飯くらいのカロリーを燃やすようです。


1日のカロリーでこれだけ減るとけっこうなものでこれは馬鹿にできないように思います。
健康のデータに関しても睡眠時間と肥満の関係でも因果関係は傾向としてみられるようです。


睡眠時間だけで希望の体重に近づけるのかは微妙ですが睡眠は取ったほうが間違いないとは言えるでしょう。
きちんと寝れていない人は睡眠サプリやアプリなどを使う方法でもいいので睡眠は改善したほうがいいですね。


これなら40代50代でも実行しやすいのではないでしょうか。
激しい運動をしたほうがいいというおすすめではまったくないので。


ただどれくらい眠れば睡眠時間として適切なのかと悩むこともあるでしょう。
一日の睡眠時間が4時間位でも全く平気な人もいます。


通常は8時間ぐらい寝たほうがちょうどいい人が一番多いでしょう。
場合によっては12時間くらい寝たほうが体調がいい人もいるようですこれでは時間なくなりますけどね。


大事なのは脂肪を燃やすホルモンが分泌されるまで眠るということかと思います。
これは睡眠時間が4時間でも8時間でも12時間でも体調が良ければ実践できているのではないでしょうか。


現代人は睡眠時間が不足していると感じている人が多いですけどね。
まずは体調が良くなるところまで睡眠時間を改善したいですね。


布団に入ってもよく眠れていない状況ですとこれでは悩むというのはあるでしょう。
これにまして悩んでいると余計に眠れないということもあると思います。


布団に入ってからは考え事をしないようにやらなければいけないことなどはしっかり整理しておいたほうがいいですね。
あとは睡眠環境というのもかなり大事ではないかと思うのです。


眠る前に部屋が明るかったり。スマホやパソコンをギリギリまで見ていたり。
部屋が暑かったり寒かったりしても睡眠の妨げになったりします。


一緒に住んでいる人のテレビや話し声聞いている音楽でうるさいというのも妨げになります。
場所によっては隣人がうるさいということがあるのでこういう場合は耳栓で対策するしかないようですね。


睡眠ダイエットのまとめ


・睡眠で出る脂肪分解ホルモンはご飯一杯分にもなり馬鹿にできないカロリー量らしい。
・睡眠ダイエットに大事な睡眠時間というのは各人が体調がいい睡眠時間であり個人個人の特徴である睡眠時間にならない。
・眠れないときには布団で考え事をしない。寝る部屋の温度や照明、騒音などがないように改善する。


© 2019 お取り寄せグルメと体重を減らす方法 rss